特殊ガラス
防輻射ガラス
防輻射ガラス

防輻射ガラスはx放射線、γ放射線など放射性の放射線を防護する機能の特殊ガラスです。防輻射ガラスが普通で高鉛ガラスで、主に防輻射と放射線の防護必要ある場所、例えば放射線醫學用の防護器具或いは観察窓口、核工業用の観察窓口などに使用されています。

用途によって、防輻射ガラスが二種類に分けて、一つは見える畫像の順次伝えのための防護ガラス板で、もう一つは観察用の防護ガラス板です。二者は保護ガラスの品質に対してわりに大きい相違があって、見える畫像の順次伝えのための防護ガラス板が定められた遮蔽能力と高い光學品質があります。観察用の保護ガラスは主に定められた遮蔽能力を満足させるので、光學品質の上でただ視覚の観察に影響しなければ良いです。

ZF2、ZF3、ZF6、ZF7、ZF7L、ZF13、ZF52など異なる鉛當量の防輻射ガラスを提供できます。

防輻射ガラスの供給形式はストリップ、プレス用ブランク、ブロック、切斷品、棒材、板材、光學部品などがあります。

鉛當量:鉛ガラスの遮蔽能力を説明する主要な指標です。その値は60Coγ放射線に対して同じ吸収レベルあるの鉛板の厚さと鉛ガラスの厚さの比です。

照射の安定性:1cm厚さのガラスが、規定の分量を照射する前後の白い光の透過率の差。


製品の寫真
海底捞鱼反方向游戏